羊水/絨毛膜DNA親子鑑定ご注意点

  • 父とされる男性同士が近い血縁関係(父子、又は兄弟)である場合、擬父全員が鑑定に参加することで鑑定の精度を上げることができます。
  • DNA型鑑定を目的とする検体採取ができる産婦人科医院を見つかるのは容易ではありませんので、主治医とのご相談の上ご依頼をお勧めいたします。
    検体として羊水を選択される場合、大切な赤ちゃんと母親に害を及ぼす危険性があります。検体採取の費用も9~15万円が別途かかるので出生前血液 親子DNA型鑑定をお勧めいたします。
  • 万が一結果が得られず再鑑定が必要な場合は、キットの往復送料と鑑定費用を弊社が負担し無料にて再鑑定を行います。
    若しくは依頼費用の一部を返金いたします。詳しい返金規定は <無料再鑑定のご案内>をご確認ください。