出生前DNA鑑定キット 出生前DNA性別鑑定

出生前DNA鑑定キット

妊娠7週目以降の母親の血液を使用し、胎児の性別をご報告いたします。

胎児の性別は通常、エコー写真で16週~28週くらいで判別可能といわれていますが、エコーで胎児の生殖器が確認できない妊娠初期には、DNA型鑑定により確認できます。

従来の性別鑑定の精度を改善した独自の鑑定方法により、母親の血液に混ざっている胎児のDNAを調べることで最も早く正確に確認できます。※1

  • ※1 Y染色体上のSNPs(Single Nucleotide Polymorphisms)の有効なシグナルが検出されるかどうかを確認します。 出生前DNA鑑定のオプションに比べ、より多くの箇所を調べるので、妊娠初期に最も正確に性別を判定することが可能です。

※妊娠7週目以降から鑑定が可能です。